電子署名・認証センター

HOME お問い合わせ サイトマップ サイトポリシー JIPDEC TOP
English Japanese
HOME電子署名について >電子署名における義務と責任

電子署名について

 

電子署名・認証の概要・役割

 

署名者(送信者)の注意事項

認証局から発行された電子証明書を所持する者として、最も気を付けなければならないのは、自分の秘密鍵を安全に管理することです。
現状の公開鍵暗号方式に基づく電子署名・認証では、秘密鍵の利用=本人による行為とみなされます。その意味では、印鑑と同じ役割を果たしているのが秘密鍵であり、秘密鍵の漏えいは絶対に防がなければなりません。
 
電子署名を行う前の内容確認
 
秘密鍵の厳重管理
 
電子証明書の失効について
秘密鍵の危殆化(盗難、漏えい等により他人に使用され得る状態になること)又はそのおそれがある場合 電子証明書に記載されている事項に変更が生じた場合
電子証明書の利用を中止する場合
 

署名検証者(受信者)/電子証明書の提示を受ける人の注意事項

電子証明書の提示を受ける人、すなわち、電子署名の検証を行う人は、次の点に注意してください。
 
電子証明書を発行した認証局の確認
認証局の自己署名証明書及びフィンガープリントの確認
 
電子証明書の失効情報等の確認
 
ページトップへ
 
Copyright (C) 2000-2011 JIPDEC All Rights Reserved.